オルニチンサプリとお酒の関係

お酒を飲むと、お酒に含まれているアルコールを分解をするために肝臓の組織に負荷がかかってしまいます。
肝臓の組織に負荷がかかってしまうと、身体にとって悪い影響を与える害がある物質を一部分解することができなくなってしまい、アセトアルデヒドやアンモニアといった身体に害がある物質が血液の中に溶け込んで身体の中を巡ることになります。
そうなってしまうと疲労感は肝臓だけではなく、身体が全体的に疲労感に襲われることになります。
飲み会などでお酒を飲み過ぎて翌日に身体がだるかったり、重たかったりする症状が現れるのは、有害物質が血液の中に流れ込んでしまったためです。
オルニチンが配合されたサプリメントは、摂取した後、そのサプリメントが腸に至ったときに身体の中に吸収されて、その成分が腎臓や、肝臓に運ばれることになります。
肝臓にまで運ばれたオルニチンは、毒性があるアンモニアを解毒するのをサポートする働きをします。
その働きによって、身体の中のある毒性があるアンモニアが分解されて減ってくれるので、疲労を回復するオルニチン効果を期待することができます。
オルニチンを一日あたりどれくらいの量を摂取するのが適しているのかというと、目安となる量はおよそ500ミリグラムから1,000ミリグラムぐらいとされています。
目安となる量に一日あたり、およそ500ミリグラムぐらいの差が生じるのは、摂取する人の体重などによって必要となる量が変わってくるためです。

コメントは受け付けていません。.